カメラの撮影時間を変更する方法【ExifTool for Mac】

こちらのサイトを参考に、海外で撮影した写真の撮影時間を現地時間に修正することができたので、やり方などをメモっとく。

panproduct.com

 

ターミナルを利用するので慣れないとハードルはやや高いが、繰り返し処理などができるので、ポチポチするより却って楽だった。

 

1. ExifToolをダウンロード

 

まずは、ExifToolなるパッケージをダウンロード。コマンドラインツールというらしい。

 

sno.phy.queensu.ca

 

ちなみに、Exifとは、

Exchangeable image file format(エクスチェンジャブル・イメージ・ファイル・フォーマット)は、富士フイルムが開発し、当時の日本電子工業振興協会 (JEIDA)で規格化された、写真用のメタデータを含む画像ファイルフォーマットデジタルカメラの画像の保存に使われる。略称はExifで「エグジフ」(もしくは「イグジフ」)。カメラの機種や撮影時の条件情報を画像に埋め込んでいて、ビューワやフォトレタッチソフトなどで応用することができる。Exif2.2ではExif Printという規格を組み込んでおり、撮影時の条件情報を元に自動的に最適化を行って、的確な状態でプリント出力を可能にしている。また撮影者や著作権情報、コメントなど付随することが出来る。

Exchangeable image file format - Wikipedia

とのこと。

写真に付随するアレコレのデータってところでしょうか。

 

2.修正したいファイルのディレクトリに移動して、exiftool -alldatesを、繰り返し処理で実行

 

そんで、ExifToolは一つ一つのファイルに対してしか実行できないので、繰り返し処理をする方法を探しました。何から何まで、ターミナルについては未知なので、こういったことも書き残しておきます。(cdとかlsとか、そのレベルを聞いたことあるのみ)

 

shellscript.sunone.me

 

こちらの小見出し「一定回数のループ処理を作成する」内のコードを利用して、存在しないファイル含めて全範囲を指定して後はコードを実行。

 

3.こんな感じ

 

アメリカの西海岸に行ったので、実行したコードはこんな感じ。

 

$ for i in `seq 3007 3104`; do exiftool -alldates-=16 DSCF$i.JPG; done

 

つい半年前まで全くの非エンジニアだった自分が黒い画面を触ってると、何だかとてつもない力を手に入れたような感覚になる。ある程度のことなら何でもできるんじゃないかって。そんなことないんだけど。

ハウステンボスVR体験ゾーンで感動した話

久しぶりにブログを書いた。

三日坊主で終わってしまいたくないので、とにかく書いてみる。

 

ハウステンボスに行った、VR体験した、感動した 

「日本最大数のVRアトラクションが大集結!!」しているらしい、ハウステンボスの「VRの館」で体験したVRアトラクションが予想以上で感動したことを書きたい。

http://www.huistenbosch.co.jp/event/vr/vr_palace.html

 

・何に感動したか?

「ウルトラ逆バンジー」というアトラクションに感動した。

このVRアトラクションは、1枚200円のVRチケットなるものが2枚別途必要になる。つまり有料で400円が必要。

ただ、もしVRの館に来たならば、これだけは是非体験してほしい。

余談で話すが、それ以外は別にやってもやらなくてもいいと思うけど、これは結構面白いと思う。

まずは動画を見てほしい。

 

・動画

f:id:takaishikawa1225:20170515234215j:plain

(VRアトラクションを体験している人たちを撮った写真。動画は後日アップします)

 

・どこに感動したか?

動画の内容はそんなに新しいわけではないと思う。

VRヘッドセット+ヘッドフォンを装着して映像を見ると、自分が椅子に座っていて、逆バンジーであっちこっちに飛ばされ、途中いろんなものがこっちにぶつかりそうになったり、ビルとビルの間をギリギリで通り抜けたりするなど。

これだけだとよくある。ただ、これに加えて、

 

・映像の飛んでいる動きに合わせて、現実の座席が動く

・映像で飛んでいるときに、実際に目の前にある扇風機から風が吹く

 

たったこれだけで全然リアリティが違うことに感動した。

座席の動きが思ったより上下に動くので初めてジェットコースターに乗ったときのような感覚。

自分もつい声が出てしまったと思う。そして、VR酔いなど感じさせない。

体験したことがないが、映画の4Dと似たシステムかもしれないが、視覚聴覚の没入感においてはこちらの方が上だろう。

これほど没入したVRなど体験は今までしたことがなかった。

 

自分の中のVR熱がにわかに再燃した。

 

 

余談

 
・余談1

ここからは余談なのだが、その他、VRの館で体験したことについて。

 

シューティングゲーム

有料。コントローラーを両手に持って、タップしたり、押し続けたりして迫りくる敵を攻撃するゲーム。

ゲーセンの銃でゾンビを撃つような感じのゲームをVRにした感じ。まあ面白かった。

 

・VR壁ドン

こちらは無料。男性向けと女性向けがあって、それぞれイケメンと可愛い女の子が壁ドンしてくれるVR。

試着室みたいなカーテンで区切られたスペースが5個くらい並んでいて、勝手にできるコーナー。

壁に背を向けて映像を見るのがミソのよう。内容はあまりにクサイが、それがかえって良くてついニヤけてしまう(笑)

 

・VRヘディング

こちらも無料。「Pico」という企業が作っているよう。ファミコンのコントローラーみたいなものを使って一部操作する。

これは前方から飛んでくるサッカーボールを上手くヘディングして、ストラックアウトをするようなゲームなのだが、飛んでくるボールが尽く高く、結果打ち返したボールもほぼすべて枠の上を超えて行った。自分が下手なのか、クソゲーなのか(笑)

f:id:takaishikawa1225:20170515234305j:plain

 

・余談2

ハウステンボス初めて行ったけど楽しかった。 ハウステンボス、色々あるのね。個人的にバンジージャンプを初めてやったのが印象深い。

10メートルの高さしかないんだけど、飛び降りる瞬間のカウントダウンは本能的にどうしても怖かった。

落ちるときは「ままよ!」という気分。歯を食いしばりながらバンジーして、しばらく体が震えていた。

 

・余談3

VR熱が再燃したので、後日、渋谷にあるSONYの新商品の体験ブースでPSVRを体験してきた。 

コンテンツはThe ChainsmokersのParisという曲をモチーフにしたVR。

これはヘッドセット+ヘッドフォンだけの従来型のVR体験だった。

ヘッドフォンがワイヤレスでノイズキャンセリングの上、ヘッドフォンの側面に触っている間だけ外の音が聞こえるというソニー製品の質の高さに驚いたけど、ハウステンボスほどの感動はなかった。 

 

そして、ハウステンボスのVR体験を踏まえて、ソニーPSVR体験を通してふと思ったことがあった。海外旅行のVRとかたまにあるけど、あんなのあれだけでは絶対普及しない。 

なぜ海外に行きたくなるのか。今では4Kのテレビやインターネットで気軽に超高画質の映像を見れる。世界中の料理だって東京中を探せば大抵のレストランがある。ただ、その場に行くということは、ただモノを見たり食べたりするだけでなく、その場の空気に触れたり嗅いだりしながら過ごせるところに意味があるのではないかと思う。

だから、そう考えると視覚聴覚以上に、こういった「肌感」のようなものこそ、VR体験をより良いものにするのに重要になりそうだと感じた。

 

ちなみに海外旅行の体験といえば、航空機よりももっと速い移動手段が早くできてほしい。ヨーロッパ行くのに十数時間って、冷静に考えて何だよそれって感じ。

 

今日はこんな感じ。

無料で高品質のVRアプリ「Within」オススメVR映像5選

VR映像アプリ「Within」

Withinというアプリを知っているだろうか。

 

Within (App Store)

Within - VR (Virtual Reality)

Within - VR (Virtual Reality)

  • Within Unlimited, Inc.
  • エンターテインメント
  • 無料

 

元々はVrse.という会社だったが、Withinに改名した。

その改名の理由は、VRの展望に関するコラムとともにMediumに(もちろん英語で)記載されている。そのうち内容を訳してブログに載せようと思っている。 

The Future of Virtual Reality – Within – Medium

 

このアプリは他のVRコラムとともに映像を提供するものとは群を抜いている。映像美と世界観が他にはないと言っていい。(少なくとも半年前の時点で日本で手に入る映像に関しては。最近の動向は御無沙汰なもので…)

ということで、高品質のVRとか映像を無料で楽しめる「Within」というアプリでオススメの映像を5つ紹介しようと思う。

 

「Within」でのオススメの映像を5選

 

1. TAKE FLIGHT (By Daniel Askill)

空を飛んでいるような独特な気分を味わえる。天空には360度どこを見渡しても宙に浮く人達がいる。

幻想的な風景と音楽が別世界へと見ている人を誘う。そして気がつくと、自分は地面の方に落下していく。

独特な浮遊感が味わえる映像。

f:id:takaishikawa1225:20170207230303p:plain

 

2. U2 song for someone (By Chris Milk)

U2はあまり詳しくないが、四方にU2のメンバーがいて演奏を始めると、自分のために音楽をしてくれているような気分になる。

歌は続きながら映像が少しずつ切り替わっていく。

音が360度から聞こえてくるような感覚も珍しい。

f:id:takaishikawa1225:20170207230310p:plain

 

3. WALKING New York (By JR, Chris Milk & Zach Richer)

こちらはいくつかのカットに分かれている。

一番印象的なシーンはヘリコプターで上空からニューヨークの摩天楼を見渡すシーン。

映像の世界の中で身を乗り出して色んな所を見ることができたらどんなに素晴らしいだろう。

f:id:takaishikawa1225:20170207230313p:plain

 

4. THE CLICK EFFECT (BY SANDY SMOLAN & JAMES NESTOR)

こちらも音の360度感と水中での浮遊感を味わえる。

イルカのクリック音を追うフリーダイビングする二人の科学者と同行するような視点の映像を楽しめる。

f:id:takaishikawa1225:20170207230317p:plain

 

5. CATATONIC (By Guy Shelmerdine)

(こちらは現在、Withinのアプリ内で確認できず。残念。ぜひ調べてみてほしい。)

これが一番誰かに見てよ!と伝えたくなるような衝撃的なVR映像だった。

舞台は精神病院で、自分は底に入院することになった患者役。

車椅子に座らされている目線で、ゾンビのように不気味な看護婦に押されながら病院内を案内される。

こちらは逃げたくても映像を見ている限りどこにも逃げ場がないのがたまらなくスリリング。

言葉が分からなくても、これはかなりのホラー感。このアプリでVRすごいとなったのはこの映像が一番かも。

 

まとめ

去年の春頃からVRに興味を持ち始め、何も知らない頃にはあれこれアプリをダウンロードしてみては映像を見て、アキバでエロVRのイベントが盛り上がりすぎて中止になったニュースを見ては「きっとVRの時代がすぐそこに!」と思っていた。

その熱も一時期よりは冷めて、結局手元に残ったのは1000円位のGoogle Cardboardだけ。

 

Wifiがあることが絶対条件だし、ストリーミングだと何だかイライラするし、固定の視点でしか360度見れないし、あとヘッドセットをヘッドにセットするのが面倒だということに気づいたからだ。そうして、たまにテック系のメディアで動向を追うだけになってしまった。

しかし、改めて最近はDMMのアダルトVRとかが注目されてきて、ネットカフェでも体験できるところがあるだとか聞いていたら、半年ぶりくらいに熱が戻ってきた次第。自分の好きなNBAも、週に一回VRライブ配信をしているようでとても気になる。このためだけに、GearVRとGelaxyS7が欲しい。ただ、「VR酔い」は割とあるので、これはどうにかしてもらいたい。

 

・補足

- WithinのHP

with.in

表参道でブラジルの肉料理「シュラスコ」を喰らう

バルバッコア 青山本店

先日、表参道にあるブラジルの肉料理であるシュラスコが食べ放題のお店「バルバッコア 青山本店」に行ってきた。

https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13003475/

メニュー内容は、シュラスコ食べ放題に加えて、野菜やチーズなどの前菜類やブラジル料理のビュッフェ=食べ放題付きという充実ぶり。

食べログの評価もかなり高いので、期待はグングンうなぎ登りで高まる。(ただし評価も高いが、値段も高い…)

 

メニュー内容

詳しくメニューを見てみるとオススメはやはりビーフで、中でも一番人気はピッカーニャというお肉らしい。

ピッカーニャはおそらくブラジルの呼び方で、日本風に言えば「イチボ」であるのだとか。

イチボと言えば、たまに耳にする美味しいと言われる高いお肉なはず!これは食べたい!

その他にも、ランプ(アルカトラ)やカイノミ(フラウジィニャ)などといった高くて旨そうなお肉もあるらしい。(何しろ知識が貧困である)

ちなみに、シュラスコってブラジルの肉料理のことだと思っていたのだが、どうやらそうでないらしい。

メニューにはローストチキンやソーセージの他に、焼きパイナップルや焼きチーズなんてものまである。

 

シュラスコとは

シュハスコ[1]、シュラスコポルトガル語: churrasco)は、鉄串に牛肉や豚肉、鶏肉を刺し通し、荒塩(岩塩)をふって炭火でじっくり焼く、ブラジルをはじめとする南アメリカの肉料理である。

シュラスコを供するレストランを「シュハスカリア」(churrascaria) と呼ぶ。牛を中心とした肉(中には鶏のハツなども含まれる)の様々な部位を串刺しし、ギャルソン(もしくはシュハスケイロ、牧童の格好をしている場合はガウーショ)と呼ばれる男性ウエイターが程よく焼けた頃合いの具材を串ごと客席に運び、目の前で食べたい量を切り分けるという供し方が特徴。ウエイターが持ってくる串は肉類だけではなく、エビやパイナップル、焼きバナナなどもある。パイナップルは酵素が肉類の消化によいとされており、理にかなっているといえる。

Wikipediaより引用 

 

内観

お店はとても高級感がある。表参道のアップルストアから小道に入って、ゴールドジムのある建物の地下にある。

席数は150席オーバーらしく、かなり広々している印象だった。地下にあって、いい感じの間接照明で、ハッキリ言ってムードは抜群である。

 

接客と料理

そして、巨大な串を持った国際色豊かな屈強そうな男たちが順々に席を回って、この肉はいるか?その肉はいるか?と聞いてくる。

欲しいと言えば、想像の3倍くらいの大きさ切り分けたり、あるいはまあまあ大きめのソーセージやら骨付き肉やらを皿に取り分けてくれる。

個人的に美味しかったシュラスコはピッカーニャと、焼きパイナップル(女子か)。あと、ビュッフェのバナナフライも4,5個食べた(子供か)。

値段が結構行ったので、自分のお金で来ることはもうないかもしれないけど、会社の懇親会とかでこんなところに来れたらな~って感じ。

シュラスコ、一度体験してみると面白い。

 

今回はこんな感じでした。さようなら。

 

f:id:takaishikawa1225:20170202222306j:plain

画像認識技術を利用してあらゆる「顔」を笑わせるアプリを使ってみた

あらゆる「顔」を笑顔に変えるアプリ「FaceApp」

画像認識技術を利用して、一瞬であらゆる「顔」をキリッとさせたり、笑顔にさせたり、老いさせたり、若くさせたり、はたまた男っぽくしたり、女っぽくしたりできるアプリが話題になっているようだ。 

テック系のニュースメディアで軒並み取り上げられていて目にした。

新しいものがリリースされたら、まず試してみる。フリーというならば尚更。

ということで、App Storeからダウンロードしてみた。

 

FaceApp
https://itunes.apple.com/us/app/faceapp-free-neural-face-transformation/id1180884341?mt=8

 

アプリを使ってみた

自分の顔の場合

まずは自分の顔を実験台に。

「笑顔にするアプリ」ということで、感情を無にした顔を撮影し、加工することに。

(処理中に気づいたのだが、サーバーに一度アップされた上で処理されるらしい。自分の無の顔がどこかのサーバーにアップされたかと思うとあまりに恥ずかしい。。)

しばらくして「SMILE」の加工ボタンを押してみると、、、

笑顔になった!ただ、不自然に自然らしくて、かえって気持ち悪い!笑(被写体の問題の可能性もあり)

また、人以外でも「顔らしい」と認識されれば、加工可能とのことなので自分の写真フォルダを漁ってみることに。

 

モナリザの場合

数年前にパリに行ったときに撮影したモナリザの絵画を素材にしてみる。

 

これが通常。

f:id:takaishikawa1225:20170202000031p:plain

 

「HOT」のフィルターをかけると・・・

f:id:takaishikawa1225:20170202000055p:plain

ものすごくシュッとなった!笑

目が大きくなり、目鼻立ちも整い、顎のラインがシュッとなった!笑 これはだいぶ「HOT」だ!(意味不明)

 

それでは続いて「SMILE」のフィルターをかけてみる。

f:id:takaishikawa1225:20170202000118p:plain

めっちゃ笑ってるーー!!!

愛嬌のたっぷりのおじさんみたいになった。ただ、モナリザの絵画が本来醸し出す、あのミステリアスな雰囲気は全くなくなった。

もはや下町のような親しみしかない。

 

スフィンクスの場合

ツッコミどころが思った以上にあったので、続いてスフィンクス像の写真を使ってみる。

 

これが通常。

f:id:takaishikawa1225:20170202000219p:plain

 

「HOT」のフィルターをかけてみる。

f:id:takaishikawa1225:20170202000259p:plain

こちらも目が大きくなり、眉も力強い印象を与える。挫折を乗り越えて精悍な顔つきになった青年のようだ。(分かります?)

 

それでは同様に「SMILE」のフィルターをかけてみる。

f:id:takaishikawa1225:20170202000326p:plain

こっちもやっぱり笑ったーー!!!

だいぶいい笑顔。前歯の白さが眩しい。

歯磨き粉のCMのオファーが今すぐにでも来そうな、そんな爽やかさ!石像だけど!

 

まとめ

一通り、一人で楽しんで、飽きました。

この手のフィルターのアプリは難しいこと考えずに使えるからとても楽しくて好きなのだけど、どうしても使っておしまいになってしまう。

以前にもアーティスティックな画像フィルターのアプリ「Prisma」にハマっていた時期があったのだけど、これも使わなくなってしまった。いちいちアプリを起動して、加工した画像を別の場所にアップするという作業が面倒くさくなったのも一つの原因かも。(あと、加工が完成するまでの時間がちょっと長過ぎる)

画像認識技術の発達でこういう面白いことが結構な精度でできるようになったけど、それが使われ続けるというのはやはり大変なんだなと思った。アプリ内で他ユーザーの投稿を見れるようにして、そこにもコミュニティを作らせるようにしないと、結局離脱していってしまうのかもしれない。

その点、「Boomerang」のようなループ動画に特化したアプリ「Polaroid」はInstagramのようなアプリを目指している感があって面白いと使っていた。(結局、あまりにオチることが多すぎて使うのをほとんどやめてしまったけれど)

 

今回はこんな感じでした。さようなら。